Past event…

Event Ended

情報センター真鶴 [まなづる図書館]/ Information Centre Manazuru [ Manazuru Library ] <--- ルート地図はこちらをクリック / Click to view Route Map

東京? あなたと我々がこれ以上この「人気者」を持ち上げる必然性はないですよね?!? (^_-)
と、いうことで、真鶴で待ってます!

Tokyo ? YOU and US have no reason to praise this "popular guy" any more than that, right?
So ... we wait for you here in MANAZURU !! ;-) Definitely.

Startup Weekendとは?
起業家としての一歩目を踏み出す54時間

スタートアップウィークエンド(以下SW)とは、週末の54時間の間集まり新しいビジネスモデルを見つけだすという起業体験を共に行なう新しい形のコミュニティーです。既に世界500都市規模で広まっており、世界最大級の起業家育成コミュニティとなりつつあります。

参加資格は、「本気で起業してみるという心の準備」だけです。あとは、年齢、性別、国籍、職種など一切問いません。
初心者だから…何もできないから…英語ができないから…無理?心配しないで大丈夫。そんなこと悩んでいる時間はありません。

誰もが挑戦してみたいビジネスアイデアをピッチ(Pitch)し、共に実現したいピッチを投票を通じて絞り、共同創業者として自分が一緒に働きたい チームを作り、創業に挑みます。最後にみんなの前で自分が築き上げた新しいスタートアップとビジネスモデルを披露することでスタートアップウィークエンド での54時間が終わると同時にあなたは今まで味わったことない実戦の経験を手に入れるでしょう。

No talk, All Action!さぁ今すぐStartupWeekendに参加しましょう。

Schedule
スケジュール

Friday

Jun 20
  • Registration Starts
    開場および受付開始
  • Dinner & Networking
    ( Opening Party - time to mingle )

    オープニングパーティー
     (夕食つき)

    「ピザとビール」
    参加者同士談笑
    打ち解ける時間
  • Welcome & Speakers
    歓迎のあいさつ
  • Mini Game
    (As a warm-up for 1-min idea pitch and team building)

    ミニゲーム
    (1分間ピッチ[プレゼン]やチームづくり、チームワーク形成のためのウォームアップ)
  • Pitches Start
    60秒ピッチ開始
     (アイデアプレゼン)
  • Attendees vote for the top ideas
    アイデアに投票
  • Teams start forming and discussing ideas
    チームづくり と 自己紹介
  • Start to formalize teams and take an inventory of skills. Be honest, and direct about what resources and skills are needed for the weekend. You may stay and work as late as the venue will allow
    1日目 終了
  • can stay at the venue for 24 hours.
    会場は24時間滞在可能

    Taking a bath and relax is good,
    stepping into business generation mode is good as well.
    How to control time usage is totally up to entrepreneurs.
    風呂に行ってリラックスするも良し、
    そのまま事業立ち上げモードに突入するも良し。
    起業家の時間の使い方は自分たち次第。自由です。

Saturday

Jun 21
  • Arrive, simple breakfast & coffee
    2日目 開始
    (簡単な朝食付き)
  • Teams formed and setting up workspace for the weekend
    チーム作業開始

    MVP作成とユーザーテスト
    (第1目標は「第1の顧客を掴むこと」)
  • Lunch / ランチ
  • Call for needs & skills
    要相談事項
    必要なスキルなどを整理
    (相談テーブルへの備え)
  • Coaches help teams one-on-one. They are here to help!
    コーチによる相談テーブル
  • Dinner / 夕食
  • Mid weekend check-in, status reports, call for help / ステータス確認、救援要請など
  • Finished for the day. You may stay and work as late as the venue will allow / 2日目 終了
  • can stay at the venue for 24 hours.
    会場は24時間滞在可能

    Taking a bath and relax is good,
    continue your activities is also good.
    Way of decision making is totally free. It's up to entrepreneurs.
    風呂に行ってリラックスするも良し、
    そのまま活動継続するも良し。
    起業家の時間の使い方は自分たち次第。自由です。

Sunday

Jun 22
  • Arrive, simple breakfast & coffee
    3日目 開始
    (簡単な朝食付き)
  • Call for help (this is self motivated, so don’t be shy)
    救援要請
    (もしあれば。恥ずかしがらずに。)
  • Lunch / ランチ
  • Coaches arrive… ASK QUESTIONS
    コーチ相談タイム
  • Gut check. Start prepping for presentations
    最終プレゼン テック(機材)チェック
  • Snack time
    「おやつ」の時間
  • FINAL PRESENTATIONS
    最終プレゼン
  • Judging & awards
    審査 および 結果発表
  • Wrapup Party
    打ち合げ、懇親会!
  • Go home!
    3日目 終了。 帰宅!
Tech & Service Sponsors
技術・サービス スポンサー
Sponsors
スポンサー
Food & Drink Sponsors
食事および飲料スポンサー
Facilitators
進行

李 東烈 / LEE DongYol

NPO法人Startup Weekend Japan 理事長

オーガナイザー又はファシリテーターとして40回以上のスタートアップウィークエンドを経験。ソフトウェア開発者出身の社会起業家。

李氏は仕事熱心なエンジニアであり、東京を拠点としている起業家の一人である。彼は世界規模のスタートアップを生み出す方法について熱心に学んでおり、それがStartup Weekendの熱烈なファンになった理由でもある。

Lee is one of hard working engineers and entrepreneurs based in Tokyo. He is eager to learn how to build a worldwide startup. That is why he becomes one of biggest fan of Startup Weekend.

ミヒャエル ラインシュ / Michael Reinsch

Doorkeeper株式会社 共同創業者 / Co-founder Doorkeeper Inc.

東京でスタートアップウィークエンドをオーガナイザーとしても参加者としても何度も経験している彼はSW東京の過去優勝メンバーでもあるRubyエンジニア・起業家、そして言わずと知れた(?) 日本の SW コミュニティでも大活躍している Doorkeeper の開発者、共同創業者でもあります。
http://www.doorkeeper.jp/company

Michael is a humble man from Germany but based in Tokyo. He said he is a technology enthusiast, developer, and entrepreneur. He is one of best friends of Startup Weekend in Japan and a real doer.

Judges
審査員

齋藤 ウィリアム 浩幸 / William H. SAITO

株式会社インテカー 代表取締役社長 / InTecur Inc President

【Full Bio / プロフィール詳細】
English → http://saitohome.com/about/
日本語 → http://saitohome.com/ja/about/

「成功の反対は失敗ではなく何もしないこと」、「失敗はチャンス!」と挑戦しやすい社会への転換を推進するアントレプレナー

アメリカ生まれ日系2世の起業家、ベンチャー支援コンサルタント、暗号・生体認証技術の専門家。指紋認証などの生体認証暗号システムを開発し、160社以上の企業とライセンス契約を締結。2004年に会社をマイクロソフトに売却後、2005年に拠点を東京に移し、株式会社インテカーを設立。日本再生に必要なリーダーシップやチーム作りを訴え、スタートアップ企業の育成を手助けするとともに、世界各国の政府機関への協力、大学の講義、企業研修、政策提言など幅広く活躍している。2011年、世界経済フォーラムからは「ヤング・グローバル・リーダー」、および「グローバル・アジェンダ・カウンシル」のメンバーに選出され、2013年には、内閣府本府参与(科学技術・IT戦略担当)に就任。
著書に『ザ・チーム』(日経BP社2012年)、『その考え方は「世界標準」ですか?』(大和書房2013年)などがある。

William H. Saito is one of the world's leading authorities on encryption, authentication and biometric technologies. He is President and Chief Executive Officer of InTecur, a venture consultancy firm that identifies innovative technologies, develops global talent and helps entrepreneurs become successful.

He is a Foundation Board Member at the World Economic Forum (WEF), and has been named by the WEF as both a Young Global Leader and Global Agenda Council member in 2011.

Saito also advises several national governments around the globe. In Japan, he currently serves as a Special Advisor to the Cabinet Office for the Government of Japan since late 2013.

He teaches at multiple universities, serves on several corporate boards, appears as a commentator on national TV. In addition to writing a weekly column for a prominent Japanese business newspaper, he is the author of the following publications. His best-selling management book, The Team: Solving the Biggest Problem in Japan, was published by Nikkei BP in 2012, his follow-on book, Is Your Thinking up to Global Standards?, was published by Daiwa Shobo in late 2013

鎌田武俊 / KAMADA Taketoshi

株式会社 オモロキ代表 / omoroki, Inc. Representative

His company omoroki, Inc. is based in Atami City, Shizuoka (Not far from Manazuru).
They are the developer of web service called bokete ( http://bokete.jp/ CGM [Consumer Generated Media] with one funny comment attached to one photo )
氏が代表を勤められている株式会社 オモロキは静岡県熱海市を拠点とされている。
代表的なサービス: ボケて http://bokete.jp/ (写真で一言ボケるウェブサービス)

慶應義塾大学総合政策学部卒業。在学中は奥出直人研究室に所属。ウェブ・映像・デザイン・Flash・DTPの技術から、チームマネジメントまでを広く学ぶ。同研究室にて、六面体映像デバイスの特許を取得。共同卒業制作の枕型通信デバイスがNHKデジタルスタジアムで紹介される。電波少年をはじめとした、ドキュメントバラエティが好きで、自身も47都道府県を軽トラックで廻ったり、自転車で日本を横断するなど旅好き。卒業後は日本テレビ放送網株式会社に就職。音楽番組の制作に従事。日本テレビ退職後、ウェブデザイン会社トロッコ株式会社を共同で設立、同取締役に就任。翌年12月に、株式会社オモロキを設立、同代表に就任。一番すごいと思う仕組みは、伊勢神宮の式年遷宮。

斉藤 豊 / SAITO Yutaka

株式会社リトルワールド 代表取締役 / Little World Inc. President

※ English profile follows below Japanese.

1992 イーストサイド(現;株式会社プレミア)創業
2000 株式会社ミュージックエアポート創業
2013 株式会社リトルワールド創業
http://www.littleworld.co.jp/

起業家、コンテンツプロデューサー。ゼロからの起業・二桁億円規模の事業開発の実績多数。創業した会社は、テーマパークの草分けである米総合エンタテイメン ト企業を筆頭に世界のトップブランド/アーティストと提携し、複合的なウインドウ開発とライセンスビジネスを展開。自身もコンテンツプロデューサーとして 多数の実績を残す。現在は、コンテンツビジネスのノウハウを「食」の世界で応用し、食の作り手を応援し日本と各地域の活性化に貢献すべく、新たな仕組み創りに取り組んでいる。

■関連記事
・国民的アイドルグループのコンセプトカフェ&ショップを全国にプロデュース
http://namba.keizai.biz/headline/2200/
http://news.livedoor.com/article/detail/5740352/

・おうちで、お店で、その土地で。地域の食を存分に楽しむ『食のプレミア』
http://www.excite.co.jp/News/product/20140203/Dietclub_4287.html

・いちご好きが集まり、生産者とファンを繋ぐコミュニティ『いちご同盟』
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140114/prl1401141508069-n1.htm

Serial entrepreneur and Content Producer.
Mr. SAITO has started several companies from scratch and developed multiple business enterprises on a multi-billion yen scale. Many in collaboration with top artists and brands worldwide - including an American entertainment conglomerate that is a pioneer in the theme park business. He has also been successful in implementing business models for content distribution through various channels and methods including: package, mobile terminal and cinema distribution, merchandising, and concept cafe.
Additionally, Mr. SAITO has extensive experience in content production and is currently applying his content business know-how to the culinary world: tackling the creation of new systems that support the makers of food and contribute to the revitalization of Japan and other regions.

Coaches
コーチ

飯倉清太 / IIKURA Kiyota

NPOサプライズ 代表理事

高校までを静岡で過ごした後、沖縄へ1年間、その後アメリカワシントン州シアトルへ留学。
21歳で帰国し起業。24歳で現在の伊豆市天城へ移住、ジェラート店をOPEN。
他2店舗、ご当地ジェラートの開発を手掛ける。
2008年、地域のごみ問題に疑問を頂き「ブログ」に書いたことをきっかけに仲間と共にNPO設立に向け動き出す。 同年「NPOサプライズ」を設立し、代表に就任。
現在までに、静岡県東部を中心に17支部で「影奉仕」という清掃活動グループを立ち上げている
2009年、2011年と静岡県観光商品企画「ニューツーリズム」プレゼンにて静岡全県で優勝。 現在は「静岡県地域アドバイザー」「慶應大学SFC研究所所員」「明治大学社会イノベーションデザイン研究所客員研究員」 「総務省地域人材ネット推進委員」などを務めている。

【起業家インタビュー ReLife 記事】
http://bb-relife.jp/interview/npo-ngo/186

(記事中の わさびジェラート開発秘話は興味深い。リーンスタートアップアプローチといったコンセプトが提示される前からの A/Bテスト の取り組み、と言える)

和氣 俊郎/WAKE Toshio

NPO法人創業塾OB会理事長、中小企業診断士、インストラクター経営特訓士

大学時代は4年間東京ディズニーランドでカストーディアルキャストを演じていた。東京電気株式会社(現:東芝テック)に就職、POSの顧客である流通小売業や飲食店に接しているうち、“創業”に興味を持ち始める。
2006年9月に三島商工会議所主催の創業塾を受講、その時に参加していたメンバーと三島創業塾OB会を創り、2010年11月創業支援、経営支援、地域活性化を目的としたNPO法人創業塾OB会を設立し理事長に就任、「アイディア創発セミナー」や「みんなの起業応援交流会」などを静岡県東部で開催し活動している。

著書:「コンサルタントのフレームワーク」(同友館)共著、「効率経営から おもてなし経営の時代へ」(同友館)共著、「新・中小企業診断士の実像」(同友館)共著

天城典和 / AMAGI Norikazu

神奈川県真鶴町生まれ。
国内・海外現地法人の役員を勤め、輸出入業、レンタルサーバホスティングサービス、オフショア開発、不動産ディベロッパーなどに取り組む。
全く異なる業界においても、顧客ニーズを的確にくみ取り、それに相応しい提案(ビジネスプラン)を実現するため、必要なこと、やるべきことを順序立て根気よくこなす行程には共通項も多く、そのゴールデンルールに触れながら、経験知なる言葉を実感する。

水井 涼太 / MIZUI Ryota

NPO法人ディスカバーブルー 代表理事/横浜国立大学 統合的海洋教育・研究センター 特任教員(講師) / NPO Discover Blue Representative

Acquainted himself with Manazuru ocean since childhood.
In 2011, he launched a Not-for Profit Organization named Discover Blue.
幼少期から真鶴町の三ツ石海岸で磯遊びやシュノーケリングなど海に親しむ。その後、東京に転居するが、大学・大学院を通して、真鶴の海でスキューバダイビングを中心に海洋生物の研究を行う。海の研究機関での勤務を経て、再び真鶴で海洋生物の研究を行い、博士号(環境学)を取得。
2011年に横浜国立大学発ソーシャルベンチャーとして「NPO法人ディスカバーブルー」を設立。小学校への出前授業や一般市民・各種団体向けの観察会等を企画・実施し、「人」と「海」をつなぐかけ橋としての活動を行っている。2011年に神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業に真鶴町立遠藤貝類博物館と共に採択された以降、真鶴町と協働で、海の自然を活かしたまちづくりなどを行っている。2013年は、横浜国立大学で統合的海洋教育・研究センター特任教員(講師)も務める。

2009年KSPベンチャー・ビジネス・スクール特別賞、2010年神奈川県ソーシャルベンチャー事業化モデル事業採択(起業助成)・ iSB社会起業プランコンテスト入選(起業助成)、2011年かながわビジネスオーディション2011 奨励賞

Organizers
運営者
角田 善彦 / TSUNODA Yoshihiko
奥津 秀隆 / OKUTSU Hidetaka
山本 知香 / YAMAMOTO Chika
青木 良磨 / AOKI Ryoma
柴山 高幸 / SHIBAYAMA Takayuki
相野谷 臣 / AINOYA Jin
小倉 高代 / OGURA Takayo
Photos
写真
Upcoming Events
次回のイベント
Past Events
過去のイベント